【にきびのできる原因】これを知ればもうにきびを増やさない!

にきびのできる原因はたくさんあります。繰り返しできるにきびに悩まされている人もいるはず。それは、原因となるものが改善されていないから。原因が何なのかを知れば、もう繰り返すこともありません。この記事を読んで、すっかり解決してしまいましょう!

にきびができる原因を知って予防しよう

にきびの原因は意外なところに潜んでいます。それを改善しなければ、薬で治してもまた出てきてしまいます。にきびを繰り返すと、ニキビ跡を作る原因にもなります。もうにきびのできない肌にするために、本当の原因を探ってみましょう!

にきびができる原因

まずは、基本的なにきびのできるメカニズムを確認したいと思います。

毛穴が詰まりアクネ菌が発生

にきびができる発端は、毛穴の詰まりです。毛穴が詰まる原因は皮脂の過剰分泌や化粧品の汚れや老廃物の残骸など様々ですが、詰まってしまった皮脂にアクネ菌が発生してにきびとなります。

にきびの種類

にきびの初期段階は白くプツっと盛り上がったもので、白ニキビと言います。この段階なら炎症が起きていないので治りが早く、正しい潰し方で潰すこともできます。その後皮脂が盛り上がって毛穴が開き、それが酸化して黒ずんだものを黒ニキビと言います。この段階ならまだ炎症していないので治りは早いです。ここで放置してしまうと赤く炎症を起こして赤ニキビになります。炎症が進んで化膿すると黄ニキビに、さらに悪化すると紫ニキビになります。この段階になったら病院で治した方が良く、ニキビ跡が残る可能性も高くなります。

毛穴の詰まりの要因もいろいろ

毛穴が詰まる要因は大きく分けて次の3つあります。

  • 皮脂の過剰分泌
  • 皮膚が硬くなる
  • 化粧品などの油汚れ

皮脂が過剰分泌する原因はさまざまです。ストレスや睡眠不足でホルモンバランスが乱れたり、糖質や脂質の多い食習慣などがあげられます。

皮脂が多いだけですぐには毛穴は詰まりません。乾燥やターンオーバーの乱れなどが要因となって皮膚が硬くなり、角化が起こります。この角化で皮膚に残った古い角質と過剰な皮脂が混ざり合うことで、毛穴が詰まってしまうのです。化粧品などの汚れを残すのも毛穴を詰まらせる要因になります。

思春期と大人にきびでも異なる

思春期は成長ホルモンが多くなり、皮脂の分泌が過剰になりやすい時期です。皮脂が過剰になれば毛穴も詰まりやすく、中学、高校生などににきびが多いのはそのためです。大人になってホルモンバランスが整い、皮脂の分泌が落ち着くと思春期ニキビはなくなります。その一方でストレスや生活習慣の乱れなど、違う要因でニキビが出やすくなります。大人にきびと言われるものですね。

皮脂の過剰分泌で詰まる

にきびの始まりは皮脂の過剰分泌です。その原因はさまざまです。

思春期

思春期は成長ホルモンが多く分泌される時期です。これに刺激されて、皮脂が過剰に分泌されます。皮脂の分泌が主な原因なので、できる場所も皮脂腺の多いTゾーンや頬、あごなど、広い範囲にできやすいです。

ホルモンの乱れ

大人になるとストレスも多くなりますが、ストレスは抗ストレスホルモンを多く分泌し、ホルモンバランスを乱します。ストレスが多くなると男性ホルモンが多く分泌されますが、これは皮脂の分泌を促す作用があります。不規則な生活や睡眠不足は肌のターンオーバーを乱し、角化異常を引き起こします。女性の生理前に多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、男性ホルモンと似た作用があり、皮脂分泌を過剰にします。

食事内容

動物性の食品や糖質を摂りすぎると、皮脂腺を刺激して過剰分泌になりやすくなります。血糖値が上がりやすい食事も要注意です。血糖値を下げようとしてインシュリンが多く分泌されますが、これは男性ホルモンを増やす作用があり、やはり皮脂の過剰分泌の原因になります。

男性ホルモンの増加でにきびは増える

男性ホルモンには有名な「テストステロン」や副腎皮質から分泌される「アンドロゲン」があり、これらが皮脂の分泌を促進します。アンドロゲンは角化細胞(ケラチノサイト)を増やして肌を硬くする角化異常になりやすくします。皮脂過剰と角化異常がにきびをできやすくしてしまうのです。

ストレスや極端なダイエットで増える

ストレスはホルモンバランスを乱して、男性ホルモンを増やします。極端なダイエットは女性ホルモンのエストロゲンを減少させますが、そのバランスで男性ホルモンの比率が増えることもあります。

減らす方法

増えすぎた男性ホルモンを減らすには、原因となったストレスを減らしたり、女性ホルモンの分泌を高める方法がいいようです。リラックスをこころがけ、有酸素運動のようなゆっくりした運動を行う習慣を身につけましょう。規則正しい生活と質の良い睡眠も大切です。女性ホルモンの分泌を高める食品は、大豆製品やキャベツ、アーモンドなど。毎日摂るようにしたいですね。

角質が厚くなって詰まる

毛穴が詰まるのは皮脂と古い角質が原因です。皮膚の角質が厚くなり、古くなった角質が残ることで詰まってしまうんですね。

外的な理由

皮膚の角質化は乾燥や間違ったスキンケア、紫外線の影響などがあります。乾燥や紫外線により肌の保護機能が働き、角質が厚く、硬くなります。さらに紫外線は活性酸素を多く発生させるため、ターンオーバーを乱す原因になります。

また、クレンジングなどのやりすぎや保湿が不十分だと、バリア機能が低下して乾燥肌になりやすくなります。

生活環境

ストレスで増える男性ホルモンは角化異常を起こしやすくし、睡眠不足はターンオーバーを乱します。食生活でタンパク質やビタミン類が不足すると肌の正常な再生や新陳代謝がうまく働かず、肌の角質を厚くする原因になります。

頬、あご、おでこなどできる場所で原因は違う?

にきびはできる場所によっても原因が分かります。

頬にできる場合

頬は皮脂の分泌が少ない場所ですが、乾燥しやすく、少ない皮脂でも毛穴が詰まってにきびができやすいところです。男性ホルモンの影響が現れやすく、胃腸が弱っていたり肝機能が低い時にも出やすいとされています。糖質や脂質の摂りすぎでもできやすい場所です。

あごやあごの周り

あごは皮脂腺が多く、ホルモンバランスの乱れでにきびができやすい場所です。洗顔での洗い残しが多かったり手で触りやすい場所でもあるので、一度できると治りづらいところです。

おでこにできる場合

おでこは皮脂腺が多く、髪が付いて雑菌が付きやすい場所なので、やはりにきびができやすい場所です。シャンプーのすすぎ残しなどが原因となりやすく、できてしまったら髪はしっかりあげて髪の毛が付かないようにしましょう。

鼻や鼻の下にできるにきびは?

鼻や鼻の下のにきびは目立つので、できると非常に困る場所です。早く治したいですね。

鼻にできる原因

鼻は皮脂腺が多い場所で、角化の起きやすい場所です。手で触りやすいので、治りにくい場所でもありますね。ファンデーションの油汚れや紫外線による影響、肝臓などの内臓機能低下が原因になりやすいです。

鼻の下(口周り)

鼻の下(口周り)は内臓の不調でニキビができやすい場所です。ここにできてしまったら、胃や腸などが弱っている可能性が高いです。

にきびができたら早く対策を

にきびは早い段階で治すのが一番です。炎症が起きてしまうとニキビ跡が残る可能性も大です。見つけたらすぐに対応しましょう。

正しい洗顔

にきびの改善や予防のためにまず大切なのは、正しい洗顔です。しっかり毛穴の奥まで汚れを取ることが必要ですが、洗いすぎは禁物です。肌のバリア機能を壊してしまうことにもなります。基本的な手順は次の通りなので、参考にしてください。

  • まず手を洗う
  • 洗顔料を泡立て、弾力のある泡を手のひらに乗るぐらいに作ります
  • 皮脂の多い部分から泡を肌に乗せるようにそっと優しく洗います
  • 人肌程度(32度ぐらい)のぬるま湯で10回以上しっかりすすぎます
  • 洗い終わったらすぐに保湿ケアを十分に行いましょう

 

食事

お肌の生成に欠かせないタンパク質や必須アミノ酸、ターンオーバーを正常にするビタミンやミネラルををしっかり摂るなど、バランスの良い食事をしましょう。糖質や脂質の摂りすぎは控えてください。

生活習慣の改善

早寝早起きの規則正しい生活習慣は大切です。お肌の正常な再生を促すためにも、夜の11時以降にはベッドに付きたいですね。質の良い睡眠は、ホルモンバランスを整え、美肌につながります。

スキンケア

にきびの予防には毎日のスキンケアが重要なポイントです。良いスキンケア商品を選ぶことがその一歩になります。おすすめのにきびケア商品をご紹介しましょう。

【オルビス 薬用クリアシリーズ】

ホルモンバランスの乱れによるニキビに効果のあるケア商品です。生理前ににきびができやすい人におすすめです。甘草由来のグリチルリチン酸ジカリウムが炎症を鎮め、紫根エキスが肌のバリア機能を高めてにきびのできにくい肌にしてくれます。100%オイルフリーで、浸透力の高い保湿成分が乾燥を防ぎます。

トライアルセット 1,296円(税込) 公式サイト

http://www.orbis.co.jp/small/1101100/

【草花木果】

植物成分と有効成分で、繰り返す大人ニキビに効果を発揮します。「十薬」の名で古くから薬効が認められてきたどくだみエキスが、肌の潤いバランスを整え、にきびの改善、予防へと導きます。

整肌スキンケアトライアルセット 1,296円(税込) 公式サイト

http://www.sokamocka.com/catalog/line_seihada.html

にきびの原因に気づいたら、さっそく対策!

にきびの原因についてまとめてみました。「にきびができやすい」「なかなか治らない」と言った時には、どれか思い当たることがあるはずです。生活習慣を変えれば、ニキビに悩まされることもなくなるはず。今日からでも、対策をしてみましょう。おすすめのケア商品も、ぜひ試してみてくださいね。