ニキビの原因は食事にある!?ニキビに良い食品・悪い食品とは?

脂っこいものを食べ過ぎた!という場合など、ニキビの原因が食事にあると聞いたことがありませんか?ニキビは肌荒れの一つです。顔にあると気になりますし、化粧も満足にできませんよね。ニキビ対策を知って、ずっとキレイな肌を保ちましょ♡

ニキビと食事の深い関係とは?

ニキビの原因は、毛穴の詰まりです。脂質肌でも乾燥肌でも関係なくできてしまいます。毛穴の詰まりを引き起こす原因は、ホルモンバランスの乱れ・バランスの偏った食事からくる皮脂の過剰な分泌であったり、生活習慣(バランスの悪い食事を含む)の乱れや間違ったスキンケアによる角化異常、メイクが肌に残ったままなどの理由があります。

皮脂の過剰な分泌にせよ、角化異常にせよ、どちらもバランスの偏った食事に原因があることに気づかれましたか?つまり、ニキビと食事は切っても切れない深い関係なのです!

ニキビに悪い食べ物は?

まずは、ニキビの原因もしくはニキビを悪化させてしまう食べ物をご紹介します。いきなりニキビに悪いからとなくしてしまうより、今までより量を減らすことから始めてみるのもいいですね。

スナック菓子や揚げ物

思った通り!と思う人も多いかもしれませんね。やはりスナック菓子や揚げ物は油分の宝庫のようなもの。皮脂の分泌が増加してしまいます。食べ過ぎには注意しましょう。

糖分の多い食べ物

実は糖分はニキビ予防にも必要は栄養素なのですが、糖分を摂りすぎてしまうと、体内のビタミンB群を消費しすぎてしまいます。ビタミンB群は、糖分を分解・吸収するとに必要な栄養素なんです。ですので、ビタミンB群が必要以上に使われないためにも食べ過ぎはいけません。

コーヒーやアルコール

<コーヒーの場合>

コーヒーはニキビに悪い?と驚くかもしれません。コーヒーはカフェインが多く含まれていますよね。利尿作業があったりと体に悪いものを出してくれるので一見問題ないようにも思えますが、飲みすぎがいけないです。体に必要なものまで出してしまったり、自立神経を乱してしまいニキビができやすくなってしまうのです。

 

<アルコールの場合>

  • 糖分が多く含まれて、ビタミンの消費が多くなる
  • 肌の炎症が起きやすくなる
  • 肝臓に負担がかかることで、アルコールが分解しきれず、毒素となり溜まってしまう

体にあまり必要のないものをとってしまうと、通常以上の消費エネルギーが必要になってしまうことをお分かりいただけましたか?「少し」なら体は対応できるようですが、「多い」のはキャパシティオーバーになってしまいます。それが、ニキビとなって体に教えてくれているのかもしれませんね。

ニキビに効く食べ物や飲み物は?

ニキビに悪い食べ物や飲み物があるならば、逆にニキビに良いものだってあるはずです。悪い食べ物で少しお話しましたが、『ビタミン』がニキビのキーマンなんです!ニキビ対策の薬と言えば「チョコラBB」が思いつきませんか?「チョコラBB」も名前からイメージできるようにビタミン剤ですからね。

ビタミンAを含む食品

ビタミンAは、皮膚の粘膜の働きや免疫を改善する効果があります。

<食べ物>

  • 人参・かぼちゃ・トマトなど緑黄色野菜
  • レバー
  • 乳製品

ビタミンB群を含む食品

ビタミンB群の中でも特にB2とB6がニキビのカギを握っています。B2であれば、皮脂の分泌を調整してくれます。B6であれば、肌の代謝(ターンオーバー)を正常にする働きをします。

<ビタミンB2が多い食べ物>

  • ヨーグルトやカマンベールチーズなど乳製品
  • レバー
  • ししゃも・鯖・いわし
  • 緑黄色野菜

<ビタミンB6が多い食べ物>

  • マグロやカツオ
  • にんにく
  • バナナ・メロン
  • アボカド

ビタミンCを含む食品

美容・美肌には欠かせません。ビタミンCは、抗酸化作用があり、ニキビの原因となる活性酵素を無力化してくれるのです。

<食べ物>

  • 赤ピーマン・黄ピーマン
  • レモン・キウイなど果物
  • 芽キャベツ

ビタミンEを含む食品

ビタミンC同様、抗酸化作用もあり皮膚の血行促進や保湿効果もあります。

<食べ物>

  • アーモンド
  • 大根・かぼちゃ・赤ピーマン
  • 魚類

コンビニで揃う食材で簡単レシピ!ニキビを治す食事は?

時間がないときなど、コンビニでお弁当などを買ってしまうことありますよね。でも少し注意して材料を買って、少しだけ手を加えればニキビ対策のメニューができるかも。

簡単メニュー

①フルーツヨーグルト

すでに混ぜられているフルーツヨーグルトではなく、できれば無糖のプレーンヨーグルトにカットフルーツを混ぜてください。

カットフルーツを置いているコンビニは少ないですが、バナナであれば売っているコンビニも増えています。乳酸菌で腸内環境を整えて余分なものを体に溜め込まないようにしましょう!

 

②豆乳ラテ

調整豆乳より無調整豆乳を選ぶようにしてくださいね。あとはコーヒーと混ぜるだけです。砂糖はできるだけ控えめに。コンビニであれば、少量の豆乳が置いてありますので、飲みきれない心配も少なくなります。

 

③豆乳甘酒プリン

調理の手間はかかりますが、美肌効果は十分期待できます。

<材料>

  • 豆乳 200ml(小パック1つ)
  • 甘酒(あれば生甘酒) 50g
  • 水  50ml
  • 粉寒天 1g

<作り方>

  1. 鍋に豆乳・水・甘酒を入れ沸騰させる
  2. 粉寒天を入れて、よく混ぜ、溶かす。
  3. 好きな容器に入れて、冷蔵庫で冷やし固める

欲しいビタミンをまとめてとろう!ニキビに効くサプリは?

食事だけでは、物足りない!でも食べる量を増やしたくないときの味方、サプリを上手に活用しましょ♡

おすすめサプリ

①ファンファレ 『きらりのおめぐ実』

ニキビ対策のサプリとしては、1番人気とも言えるサプリです。ニキビ対策のために開発された商品で、ビタミンの含有量が非常に多いのです。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEはもちろんのこと、腸内環境を整えるビフィズス菌・食物繊維、抗酸化作用のあるポリフェノールまで配合されているのです!着色料や香料が使われていませんので、より体に安心して取り入れることができますね。また、小さな錠剤で、基本1日1回3粒を服用するだけですので続けやすいのではないでしょうか。通販でのみ購入ができます。

 

②ネイチャーメイド 『マルチビタミン』

名前の通り、ビタミンがぎっしり配合されています。ビタミンA、ビタミンB1・B2・B6、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEが含まれています。ドラッグストアでも手に入れることができますので、気軽に始められます。錠剤タイプですが、1粒がとても大きいのです。その大きさに飲みづらい、続けにくいと思う人がいるようです。1日1回1粒だけで、1日分のビタミンを摂取できますのでメリットは大きいのではないでしょうか。価格も非常に手頃ですので、値段を重視される人にはいいと思います。

 

ニキビと言えば「チョコラBB」なのに、なぜおすすめサプリとして入らないのかと気になる人もいるかもしれませんね。確かに、ドラッグストアで簡単に手に入れることができますし、認知度はバツグンにあります。ニキビに効かないわけでもありません。しかし、「チョコラBB」に含まれている栄養素は、ビタミンB1・B2・B6だけです。他にも添加物も多く体にとって安心して続けていけるサプリとしては少し心もとないと判断したからです。

ニキビを内側から改善してツルツルの肌を目指そう!

ニキビは毛穴の詰まりが原因ですが、元を正せば食事に大きく影響していましたね。バランスと取れた食事を心掛ければ、体の内側を含む皮膚にもよい影響を与えてくれます。

普段の食事に少しだけビタミンを多く含む食材を取り入れたり、時にはサプリの力を借りてニキビ対策を進めてくださいね。ニキビのある肌よりツルツル肌が健康的に、肌のトーンも明るくしてくれます。さあニキビ肌を解消してツルツル肌のアナタに変身してくださいね♡