ニキビから白い液体が!その正体と原因とは

ニキビから白い液体が出たけど、原因は何?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?ニキビは男女問わず多くの方が悩まされている肌のトラブルで一度は経験していると思います。ケアを間違えたら、痕が残ったりするので厄介です。

ニキビを潰したときに出る白い液体とは

私達の生活の中で肌のトラブルというのは何かしら起きます。その中の1つがニキビです。ニキビは思春期や生活習慣の変化でホルモンバランスが関わっています。それだけでなく、ニキビから白い液体が出たという声もあるのではないでしょうか?今回はその疑問を解決していくので、参考になれば幸いです。

潰すと出る白い液体や血の原因と正体

まず、ニキビを潰すと出る白い液体って一体何なのか密着していきたいと思います。

ニキビの芯となる皮脂と白血球とアクネ菌の残骸

白い液体の正体はニキビの芯となる皮脂、炎症を抑えるために戦った白血球とアクネ菌の残骸と言われています。要はニキビや炎症の原因となるものが潰すと出てくると思って頂けたら幸いです。

絞ると出る透明な汁は浸出液

ニキビを潰すと透明な汁が出てきます。それは浸出液と呼ばれるもので成長因子やサイトカインと呼ばれる傷を治すための成分が含まれているのが特徴です。これがニキビを潰した際に血と一緒に出てくるのを目にするのではないでしょうか?

潰した後のケア

ニキビを潰してしまったという場合が多いのではないでしょうか?そういった場合、適切なケアが重要です。ここでは、どういったケアがあるのかいくつか紹介していきます。

引き締め効果のある化粧水を使用

ニキビのケアを行っていく上で化粧水をチェックするのが重要です。その中でも毛穴を引き締めてくれるものを選んでケアしていくことになります。ニキビは毛穴が開き切った状態かどうかも関わってくるので、意識している方も中にはいると思います。ビタミンC誘導体やクエン酸、エタノールといった成分が含まれているかどうかをチェックします。

傷口に触らない

ニキビが潰れた際、傷口に触らないようにするというのは鉄則です。触ると雑菌が入ったりして悪化する恐れもあります。この辺りは普段の擦り傷等と同様と言えます。行うとすればすぐに洗顔する、メイクを控えるといったことです。

ニキビは潰してOK?

ニキビはそもそも潰して良いのかどうか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな疑問を解決していきたいと思います。

白ニキビや黒ニキビは自分で潰してもよい

ニキビには潰して良いものとそうでないものがあります。それは白ニキビと黒ニキビです。この2つはニキビの初期段階でこの時点なら潰しても大丈夫とも言われています。それでも上手く潰さないと痕が残ってしまうので無理に行わないのが良いです。

赤ニキビや黄ニキビは皮膚科を

赤ニキビと黄ニキビは潰してはいけないニキビと言われています。この段階になってくると、炎症を起こしており、適切なケアが必要です。最悪の場合は痕が残ったり、クレーターができるといった可能性もあります。皮膚科で抗生物質を処方してもらい、炎症を鎮めていくのが主な流れになってきます。黄ニキビは膿ができてる状態なので、触らないのが鉄則です。

膿が出ない場合は

ニキビを潰した際に膿が出てこないといったケースもあると思います。ここでは、その際の対処法を紹介します。

無理に潰して出すのはやめる

ニキビを潰して膿がどうしても出ない場合は無理に出さないようにしましょう。痕が残っては元も子もないです。膿を取り出した後、抗生物質を含んだ軟膏を塗ってケアしていくのが重要になってきます。

どうしても出したい場合は皮膚科を受診

膿をどうしても出したいという方は多いと思います。そういった場合は皮膚科を受診し、膿を取り出してもらうようにしましょう。保険適用になってくるので、レーザー治療や抗生物質を処方してくれたりします。注意しておきたいポイントとして、ニキビ痕は保険適用ではないので、ある程度の出費があるのを頭に入れて頂けたら幸いです。

ニキビケアを行う上で心掛けておきたいこと

ニキビケアで最低限行っておきたいことをいくつか紹介します。

バランスの良い食事を取る

ビタミンCやビタミンEといったビタミン、亜鉛やカリウムといったミネラル、コラーゲン等をバランス良く摂取するのが大事になってきます。また、脂質や糖質を過剰に摂取して皮脂の分泌量が過剰にならないように注意する必要があります。

質の良い睡眠を取る

質の良い睡眠を取るのもニキビの改善や美肌になる上で重要です。1日6~8時間の質の良い睡眠を取り、ホルモンバランスを整えます。結果、皮脂の分泌量が過剰にならないため、ニキビ予防に繋がります。

肌に優しい化粧水を

化粧水を選ぶ際はビタミンC誘導体等の成分を見るのはもちろんのこと、オイルフリーや低刺激性、パッチテスト等を行っているかどうかを確認するのも重要です。その上で肌に優しい化粧水を使用していくのがニキビケアでは心掛けておきたいところになってきます。

適切なケアと皮膚科の受診

ニキビケアは適切に行うのが重要です。無理に潰したりすると、痕やクレーターが残ってしまう可能性もあります。場合によっては皮膚化を受診し、適切な治療やアドバイスを受けてニキビケアを進めて頂けたらなと思います。