にきびは刺激が原因で悪化する?!にきびとの関係性をきちんと理解しよう

にきびの原因が外からの刺激にもあることを知っていますか?にきびができてしまうと、スキンケアや食事は注意をしますが、なかなな治らないにきびは他にも原因があるかもしれません。にきびを悪化させる外部刺激を知り正しいケアを始めましょう。

にきびができるのは外部刺激が関係していた!

日ごろ、無意識にやっているくせや習慣がにきびを悪化させていたということもあります。何気なくしてしまうにきびの悪習慣を改善していきましょう。

にきびの原因となる外部刺激ってどんな刺激?

にきびを引き起こす外部刺激には、次のようなものがあります。

髪の毛などが触れる刺激

ひたいや頬にかかる髪の毛や毛先がにきびに触れると、にきびに刺激をあたえて症状を悪化させてしまいます。

シャンプーなどによる刺激

一般的なシャンプーに多く含まれている石油系界面活性剤などの成分は、肌に刺激をあたえてにきびを招くこともあります。

頬杖などの圧迫刺激

にきびは皮膚に受ける圧迫でも悪化してしまうため、何気なくしてしまう頬杖もにきびの原因になります。

布団や衣料品が触れる刺激

眠るときに布団を深くかぶったり、洋服であごの周囲がこすれたりすることも、皮膚に刺激が加わりにきびの悪化を招きます。

紫外線による刺激

紫外線の強い刺激は、肌の環境を変化させてにきびができやすくなります。

外部刺激の種類とにきびとの関係を理解しよう

にきびは外からの刺激によって新しくできたり、すでにあるにきびの症状を悪化させたりします。にきびと外部刺激の関係について理解しておくことは正しいにきびケアにつながります。

にきびの原因①:髪の毛などの刺激

髪の毛がにきびにあたえる刺激には次のようなものがあります。

髪の毛に付着している雑菌が悪影響

毎日シャンプーをしていても、髪の毛には雑菌が付着しています。髪の毛がにきびに触れたときに雑菌がにきびを刺激して症状を悪化させることもあります。

髪の毛は油分・化学物資でコーティングされている?!

髪の毛の表面はトリートメントやワックスなどの脂分と化学物質で表面がコーティングしています。これらの成分がにきびに触れると悪影響をあたえてしまいます。

にきびの原因②:シャンプーなどによる刺激

にきびはシャンプーなどの成分に刺激を受けて発生することもあります。

シャンプーやトリートメントが毛穴に入る

シャンプーやトリートメントは十分にすすいでも、少量が毛穴に残ってしまいにきびの原因になります。頭皮や背中にできるにきびは、シャンプーやトリートメントの影響が考えられます。

にきびの原因③:頬杖などの圧迫刺激

にきびの原因は、無意識にしてしまう習慣の中にも隠されています。

その癖、にきびの原因かも?!

日ごろ何気なくしてしまう癖で顔や体のにきびに手で触れると、にきびに雑菌が運ばれて症状の悪化を招くことがあります。

頬杖によりにきびに接触してしまう

あごやフェイスラインにできるにきびは、頬杖による刺激や圧迫が原因で長引くこともあります。

にきびの原因④:布団や衣料品による刺激

毎日使用する布団や衣料品も、注意をしなければにきびに刺激をあたえてしまいます。

乾燥した肌に衣料品の刺激は大敵

衣料品のこすれや摩擦は肌に大きな刺激を感じさせますが、特に乾燥した肌にとってはダメージが大きく、にきびの発生や悪化につながります。

衣料品などの摩擦や刺激で角質が厚くなる

毎日のように衣料品などの刺激を受け続けた肌は、外からの刺激から守るために肌の角質を厚くして保護をします。その結果、毛穴の奥の皮脂が外へ排出しにくくなり毛穴が詰まるようになります。

にきびの原因⑤:紫外線による刺激

紫外線は強い刺激をあたえて肌の状態を大きく変化させます。

紫外線は角質を厚くする

紫外線による刺激を受けた肌は、角質層を厚くして肌を守ろうとします。そのため肌の表面は厚くなりターンオーバーのサイクルが乱れてにきびができやすくなります。

紫外線は毛穴の詰まりを引き起こす

角質層が厚くなり、ターンオーバーの周期が乱れると、毛穴が詰まりやすい状態になります。毛穴の詰まりは皮脂を増やしてにきびができやすく、症状の悪化も引き起こします。

刺激がお肌に与える悪影響まとめ

外部から刺激を受けた皮膚は自らを保護するために硬くします。皮膚の表面が硬くなると毛穴の奥に皮脂が溜まって正常に分泌がされなくなります。そのため、皮脂を好むアクネ菌が繁殖してにきびができやすくなることが原因です。

刺激からにきびを予防するにはどうする?

どのような刺激がにきびを増やす原因になるのか見てきましたが、ここからは外からの刺激からにきびを予防する方法をご紹介します。

髪形を工夫する

髪の毛の刺激によるにきびを防ぐためには、髪をアップにするなど髪型を変えることがおすすめです。特に、生え際、Tゾーン、頬、フェイスラインに髪や毛先が触れないような髪型にすると、にきびを予防することにつながります。

にきび予防に日焼け止めは必須!!

紫外線から受ける刺激は皮膚にダメージをあたえて、肌トラブルの原因になりますので、予防のためには日焼け対策が重要です。外出時は、日焼け止めや日傘などでしっかりガードをしましょう。

自分の癖を見直しにきびへの接触に注意する

ついついやってしまう癖も、にきびの悪化を招くことを理解して見直していくことが大切です。意識してにきびに触らないようにしましょう。

お肌の乾燥には注意しよう

肌の水分が少ない乾燥肌は肌の表面の角質が硬くなり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなることでにきびができやすくなります。にきびの予防には肌の乾燥には注意してしっかり保湿をしましょう。

刺激についてきちんと理解してにきびをしっかり予防しよう

にきびができる原因はさまざまありますが、その一つには外部から受ける刺激があります。体の表面で外部にさらされている肌は、常に何かの刺激を受け続けています。シャンプーやトリートメント、髪型、寝具、衣料品、頬杖、紫外線など、にきびの原因は生活習慣の中にもありました。しかし、外部刺激は意識することで取り除くこともできますので、にきびにあたえる影響を理解して、身近なことから対策をしていきましょう。