アクネ菌とは身近な細菌って知ってた?その正体を徹底解説

アクネ菌とはニキビの原因となる細菌。名前を知っている方は多いですが、アクネ菌を正確に理解している人は意外に少ないです。適切なニキビケアには、まずアクネ菌を知ることが重要です。意外に知られてない”アクネ菌”の正体について迫りました。

アクネ菌は常在菌だった!?その正体に迫る!!

「ニキビ対策はアクネ菌を退治すればいんじゃないの?」そんな間違った認識していると大変危険です。アクネ菌はニキビの時だけに現れるのではなく、常にあなたの肌に存在し、肌を守るために重要な役割を果たしているのです。ニキビの原因でもあり、肌を守る役割を持つアクネ菌とはいったいどんな菌なのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

アクネ菌って?どんな菌?

アクネ菌の特徴

アクネ菌は空気を嫌がる性質を持ち、餌となる脂肪分が多い場所を好みます。だからこそ、皮脂が溜まり、角栓で出入り口が塞がれた毛穴が大好物。毛穴の中で過剰に増殖すると、炎症を引き起こし、にきびの原因となります。

アクネ菌は特殊な菌なの?

アクネ菌は特殊な菌ではありません。常在菌と呼ばれ、ニキビの時にだけ繁殖するのではなく、常に人間の身体に存在する細菌です。そのため完全に滅菌することはできません。

アクネ菌は男女問わず皮膚に常在

アクネ菌は男女関係なく大量に皮膚に存在します。肌の状態をコントロールし、綺麗な状態を保つため、人間にとって無くてはならない存在です。

アクネ菌にもある?善玉と悪

アクネ菌を大別すると3種類

アクネ菌には善玉菌と悪玉菌の2つが存在します。善玉菌と悪玉菌のなかでも菌の種類が細分化されますが、大別すれば3種類。善玉菌は1種類、悪玉菌は2種類という構成です。

①:3種類のうち1種類が善玉菌

腸内環境を考えるとわかりやすいかもしれません。腸内環境にも善玉菌と悪玉菌がいますよね。アクネ菌も同様に善玉菌が存在し、肌を正常な弱酸性に維持し、肌を守る役割を果たします。この弱酸性の状態が乱れると、病原菌が肌で繁殖しやすくなってしまいます。

②:3種類のうち2種類が悪玉菌

2種類ある悪玉アクネ菌はにきびの原因になります。詰まった毛穴の中でリパーゼ酵素(皮脂分解酵素)を分泌します。

①:善玉アクネ菌の働き

肌を弱酸性に保つ

善玉のアクネ菌は肌をPh6〜8の弱酸性を保つ働きをします。皮膚病の原因となる病原菌が繁殖するのを、未然に防いでくれています。

病原菌の繁殖を抑える

肌のトラブルとなる病原菌の繁殖を抑える働きもします。肌にとって必要不可欠な存在なのです。

②:悪玉アクネ菌の働き

有害な物質を生み出す

2種類ある悪玉アクネ菌はリパーゼ酵素(皮脂分解酵素)を分泌します。

皮脂を分解し毒性のある物質にする

増殖した悪玉アクネ菌が分泌するリパーゼ酵素によって、皮脂を遊離脂肪酸という物質に分解し、毛穴の中で炎症を引き起こします。

アクネ菌が引き起こす影響とは

にきびを発生させる原因となる

アクネ菌はにきびを引き起こします。にきびも幾つか種類がありますが、アクネ菌が引き起こすのは赤にきびや黄にきびです。これらはアクネ菌と白血球が戦っているため発生します。

アクネ菌でにきびが出来る仕組み

①:詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖

アクネ菌は皮脂を餌として好み、空気に触れるのを嫌がる性質があります。そのため、皮脂が多く角栓や化粧汚れによって詰まった毛穴は、アクネ菌にとって繁殖するのにうってつけの場所です。

②:毛穴の中で皮脂を食べ毒を出す

アクネ菌は皮脂を餌にして成長します。そのときに遊離脂肪酸という物質を分泌します。

③:その毒により肌細胞が刺激される

遊離脂肪酸が肌細胞を刺激し、炎症を引き起こします。

④:毒の排除のため白血球が働く

身体の免疫細胞である白血球が、ポルフェリンを排除しようとアクネ菌の所に向かいます。

⑤:アクネ菌VS白血球で赤にきびが出来る

アクネ菌と白血球が戦うことで、毛穴が赤く膨らみます。皆さんがよくご存知の赤にきび状態です。

アクネ菌が好む環境を知っておこう

皮脂が多い環境

アクネ菌は皮脂を餌として増殖します。そのため、皮脂が発生しやすい箇所を好みます。頬や顎、こめかみフェイスラインなどはにきびが発生しやすい箇所ですよね。

空気が入らない環境

アクネ菌は空気を嫌う性質を持っています。だから、角栓で出入り口が塞がった毛穴の中に入り込んでいきます。

アクネ菌が好む部位

頬・顎・フェイスライン

頬・顎・フェイスラインは乾燥しやすい箇所。肌の柔軟性が失われ、皮脂が詰まりやすくアクネ菌が繁殖しやすい環境です。また、ホルモンバランスの乱れによる影響が出やすく、アクネ菌の餌となる皮脂も分泌されてしまいます。

こめかみ

こめかみはTゾーンから外れていますが、実は皮脂が出やすい箇所。皮脂が溜まりやすく、かつ、髪の毛や整髪剤、枕カバーなどが原因で炎症を起こしやすいです。

頭皮

頭皮も皮脂が発生しやすい箇所です。この場合は洗顔ではなく、シャンプーでしっかりと汚れを落とし、毛穴の詰まりを防ぐ必要があります。

アクネ菌の殺菌に効く成分

エタノールやアルコール

エタノールやアルコールはアクネ菌の殺菌します。しかし、エタノールやアルコールは刺激が大変強いため、使用には注意が必要です。にきび箇所のみに塗布することにして、過度な痛みが発生したら辞めるようにしましょう。

イオウ

イオウには殺菌作用あり、にきびの原因となるアクネ菌を減少させる効果があります。またその他にも、角質を柔らかくすることで毛穴の詰まるのを防ぐ作用や、皮脂分泌を抑制作用などにきび対策には欠かせません。

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸には抗炎症作用があります。赤にきびのような激しい炎症を伴うにきびに治して非常に効果的です。

サリチル酸・サリチル酸ナトリウム

サリチル酸を含む化粧水を使うこととアクネ菌を含んだ皮膚の雑菌を殺菌します。今あるにきびに対しては悪化防止の措置となり、また、新しいにきびの発生を抑える働きがあります。

アクネ菌によるにきびの発生の予防策

毛穴の詰まりに注意する

アクネ菌が増殖するのは、毛穴の詰まりが原因です。皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れ、ファンデーションなどのメイク落とし不足によって、毛穴は簡単に詰まります。常日頃から肌の状態を意識し、毛穴詰まりに注意しましょう。

定期的なピーリングを実施する

にきび予防のために定期的にピーリングをしましょう。

洗顔料が汚れや皮脂を落とすものであるのに対し、ピーリング剤は不要な角質を浮かせて落としやすくする効果があり、毛穴の詰まりを予防します。

基礎化粧品をにきびケア専用にする

普段使用している基礎化粧品をにきびケア専用のものにしましょう。イオウやサリチル酸などの殺菌成分を含んだ基礎化粧品を選ぶことで、アクネ菌の増殖を抑えられます。

正しい洗顔方法で清潔にする

  1. まず手を洗い、顔をぬるま湯で素洗いします。
  2. 洗顔料をしっかり泡立て、指が肌に触れないように優しく泡を顔に塗っていきます。
  3. 泡が肌に残らないようにしっかりすすぎ、タオルを顔に当てるように水気を取ります。

バランスの良い食事を心掛ける

コンビニやファストフードで食事を済ませていませんか?にきびに悩んでいるならば、にきび対策に有効なビタミンB群を積極的に摂るよう意識しましょう。特にビタミンB2とビタミンCは有効です。果物や緑黄色野菜がおすすめです。

生活習慣を見直す

夜更かし・飲酒・喫煙…どれも肌に悪影響を及ぼし、にきび発生の原因となります。このように普段の生活で何気なくやっていることが、にきびに悪影響を与えている可能性は十分にあります。自身の生活について振り返ってみて、にきびにとって良くない習慣を見直すようにしましょう。

悪い作用ばかりでないアクネ菌と上手に付き合おう

アクネ菌に対する考え方が大分変わったのではないでしょうか。アクネ菌はにきび発生させる天敵という訳ではなく、肌の調子を整える味方でもあるのです。アクネ菌を完全に排除するのではなく、アクネ菌とどうやって付き合っていくか、を念頭ににきびケアを考えてくださいね。