【必見】黄体ホルモンとにきびと関係を徹底解説!

生理が近づくとにきびが増えた経験はありませんか?そのにきびは黄体ホルモンが関係しているかもしれません。ホルモンバランスの乱れからくる、にきびの原因を徹底解説!体のリズムに合わせたスキンケアでにきび対策をしていきましょう。

ところで「黄体ホルモン」って一体なに?

黄体ホルモンは生理や妊娠などに深く関わる、女性の体に重要なホルモンです。黄体ホルモンの働きにはどのようなものがあるか、基礎知識について詳しく見てみましょう。

黄体ホルモンが分泌されるしくみ

黄体ホルモンは、排卵が行われた直後から卵巣で作られ、次の生理が開始するまでの約2週間の期間にわたり卵巣から分泌されます。

女性ホルモンの一種

黄体ホルモンは、女性ホルモンの一つであり別名をプロゲステロンといいます。黄体ホルモンは、卵胞ホルモンのエストロゲンとともにバランスをとりながら、女性の体にさまざまな作用をもたらしています。

黄体ホルモンの主な働き

黄体ホルモンの主な役割は、受精卵が子宮内膜に着床しやすくなるように、子宮内膜をやわらかくして妊娠を助けることです。そして、妊娠後も安全に妊娠した状態が維持できるように体に働きかける重要な役割があります。

にきびと黄体ホルモンは深い関係があった…

普段は普通肌でも生理前になるとにきびが増えるなど、ホルモンバランスの変化と肌の状態には黄体ホルモンの分泌が関係しています。

黄体ホルモンの分泌が増えるとにきびも増える?!

生理前は黄体ホルモンの量が増える時期です。生理前になるとにきびが増えて、やがて治っていく場合は、黄体ホルモンの過剰分泌がにきびを発症していると思われます。

黄体ホルモンの増加で皮脂が毛穴を詰まらせる

黄体ホルモンには、にきびの原因になる皮脂の分泌量を増やしてしまう作用があります。そのため、増え過ぎた皮脂で毛穴が詰まり、毛穴の奥にたまった皮脂を餌ににきびの原因であるアクネ菌が増えてしまいます。

肌の乾燥も黄体ホルモンが関係している

黄体ホルモンの分泌量が増えると、肌のバリア機能である抗菌ペプチドが減ってしまいます。バリア機能が低下した肌は、水分を失いやすく乾燥した状態になります。

黄体ホルモンが過剰分泌される原因を知ろう

黄体ホルモンが過剰に分泌される原因には、次のようなことが考えられます。

生理の影響が大きい

黄体ホルモンの分泌量は、通常は生理の周期に合わせて増減を繰り返しています。高温期の基礎体温の上昇は黄体ホルモンの働きによるものです。

妊娠でも影響がある

妊娠した体内では黄体ホルモンが過剰分泌されます。黄体ホルモンは妊娠しやすい体を作り、妊娠を維持するためにも重要な役割があるホルモンです。

生理前は特に気を付けて!!ホルモンバランスが影響を与える

生理前は黄体ホルモンの量が増えてにきびができやすいです。そのため、生理前は女性ホルモンを意識したスキンケアをおこないましょう。

生理2週間前が美肌へのカギ

生理開始の約2週間前は黄体ホルモンの分泌が増える時期になります。この時期から皮脂の分泌量を意識して、毛穴の詰まりを防ぐスキンケアを行うことがにきびの予防につながります。

生理前の過ごし方がホルモンバランスに大きな影響を与える

生理前は黄体ホルモンの過剰分泌に加えて、ストレスが原因でにきびを増やすこともあります。ストレスは男性ホルモンの量を増やすことから、皮脂の分泌がさらに増えてにきびを招きやすくなります。

にきびが出来る原因は黄体ホルモンだけじゃない?!

にきびができる直接の原因は、毛穴にたまった皮脂によるものです。皮脂の過剰分泌は黄体ホルモンの他にも次のような原因で引き起こされることがあります。

間違った洗顔方法で悪化することも

にきびや顔のテカりを気にして、洗浄力の強い洗顔料を使ってゴシゴシ洗顔すると、かえって皮脂の過剰分泌を招くことにつながりにきびを増やします。

スキンケア方法は正確に

肌のターンオーバーは年齢によっても違いますので、10代のにきびと大人のにきびではスキンケアが違ってきます。肌に合わない誤ったスキンケアはにきびを悪化させてしまう原因につながります。

生活習慣の乱れはお肌の乱れに繋がる

生活習慣の乱れはストレスや不眠を招きやすく、皮脂の分泌量を増やしてにきびができやすい肌になります。

睡眠不足や栄養不足もにきびの大敵に

黄体ホルモンの他にも考えられる、にきびができやすくなる原因に睡眠不足と栄養不足もあります。

質の良い睡眠を心掛けて

睡眠中に分泌される成長ホルモンには肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す作用があります。成長ホルモンは入眠後の3時間以内に分泌されますが、眠りが深いほど量は増えて、浅い睡眠では分泌量が少なくなります。にきび対策のためには、質の良い睡眠を心掛けましょう。

バランスの良い食事を摂取

脂質や糖質を多く含む食事は、にきびができやすくなります。にきびの予防には偏りのないバランスの良い食事が基本です。

にきびが出来やすいのはあごなどのフェイスライン

顔の皮脂はTゾーンに多く分泌されますが、Tゾーンに比べて乾燥しているあごなどのフェイスラインにもにきびは出来やすいです。その理由には次のようなものがあります。

あごへの外部刺激が大きな原因

あごは手で触れることが多く、手から運ばれた雑菌がにきびに付着して治りにくくしたり、悪化させたりします。繰り返しあごにできる大人のにきびの原因の一つが外部刺激によるものと考えられています。

胃腸の乱れも関係している

胃腸の働きが悪くなると、肌のターンオーバーがスムーズにできなくなります。さらに、胃腸の乱れから体内に老廃物がたまりやすくなることも、あごやフェイスラインににきびができる原因の一つです。

黄体ホルモンが原因のにきびに効く薬はピルってホント?

ピルといえば避妊薬としてのイメージが強いと思いますが、近年ではにきびのホルモン治療薬としても注目されています。

低用量ピルで黄体ホルモンの分泌を抑える

低用量ピルには黄体ホルモンの分泌を抑えて卵胞ホルモン(エストロゲン)の量を増やす作用があります。卵胞ホルモンには健康な肌を保つ作用があることから、低用量ピルの服用は、にきびができにくい肌へ導いてくれます。

低用量ピルは女性ホルモンを補う

低用量ピルを服用することで女性ホルモンのバランスが整い、男性ホルモンの作用は低下していきます。そのため、皮脂の過剰分泌が低下してにきびの予防と改善効果に期待できます。

食べるもので黄体ホルモンを整えよう

ホルモンバランスを整えるには、食生活を見直しも重要なポイントです。

イソフラボン含有食品

大豆類に含まれるイソフラボンには、卵胞ホルモンのエストロゲンと似た作用があります。卵胞ホルモンには肌の健康をサポートする働きがあるため、大豆類を食べることは卵胞ホルモンと同じ作用が期待できます。イソフラボンを含む豆腐、納豆、豆乳、きな粉は積極的に摂りたい食品です。

ビタミンE

ビタミンEには、脳下垂体に働きかけて女性ホルモンの生成と分泌のバランスを整える作用があります。ビタミンEを含むカボチャ、アーモンド、モロヘイヤなどは意識して摂ることをおすすめします。また、ビタミンEの抗酸化作用は毛穴の炎症を予防して、肌のターンオーバーを整える作用から、にきびの予防としても期待できる成分です。

黄体ホルモンは大切なホルモン。にきびとも上手に付き合おう

黄体ホルモンは生理や妊娠などに大きく影響する女性の体には重要なホルモンです。黄体ホルモンの作用によるにきびは、黄体ホルモンが減少し卵胞ホルモンが優位になってくると自然に落ち着いてきます。にきびを気にして手で触ったりストレスをためたりすることは、症状を悪化させる可能性もありますので、あまり気にしすぎずに身近なことからケアをしていきましょう。